免疫抗体食品研究協会 I-FA

  ***** 【注意】当協会では厚生労働省の輸入許可が下りていない個人輸入のみの製品については推奨していません。 ***** 当協会では参考書籍以外商品等の販売はしておりません。 *****
HOME 理事長ご挨拶 免疫抗体食品研究協会について 免疫ミルクについて 免疫プロテインについて 医学情報 お問合わせ


危険から体を守る『免疫のしくみ』 NO.3
体を守る「第三防衛ライン」


総司令官「ヘルパーT細胞」

 第二防衛ラインでも撃退できなかった場合は、免疫のエリートたちの出番です。マクロファージは戦闘相手の情報を、司令官である『ヘルパーT細胞』へ届けます。
ヘルパーT細胞は受けとった情報を分析し増援が必要だと判断すると、補給物資である『サイトカイン』を放出します。
サイトカインは免疫の攻撃部隊を活発化させる重要な物質で、第三防衛ラインの特殊部隊へ出撃命令となったり、疲弊している第二防衛ライン部隊に活力をあたえたりして、圧倒的な戦力の増強を図ります。


殺し屋「キラーT細胞」

第三防衛ラインの主力『キラーT細胞』は凄腕の殺し屋です。その破壊力は非常に高く敵に取り込まれ増え続ける感染細胞をどんどん殺してゆきます。しかし、残念ながら感染の原因となった病原菌やウイルスを殺すことができません。


狙撃手「B細胞」

病気の元凶である病原菌やウイルスを殺すのは、狙撃手『B細胞』です。B細胞はヘルパーT細胞が分析した情報から、敵の弱点にぴたりと合う抗体(免疫グロブリン)を作ります。そして、その抗体を弾丸として撃ち込み敵を破壊するのです。
サイトカインを得たB細胞は次々と分裂を繰り返し、抗体を持つ分身を増やしながら敵を狙撃・撃退します。
B細胞は戦いが終結したあともこの「抗体の記憶」を保存し続けます。そして、再び同じ病原菌やウイルスが体に入ってきた時には、記憶をたよりに素早く大量の抗体を製造し排除します。この戦により獲得した「抗体の記憶」こそが、二度なしと言われる「獲得免疫」の正体です。
つまり、二度とかからないのではなく、病原菌やウイルスに対しての攻撃準備が早く整うため、病気として広がる前にせん滅できるのです。



毎日を健康に過ごしたい人の小冊子 『これ一冊でわかる免疫と免疫ミルク』
大切な体を守る驚異の力 免疫力をアップする「免疫ミルク」とは?
第一章 危険から体を守る『免疫のしくみ』
第二章 健康を左右する最大の基地『腸管免疫』
第三章 なぜ今『免疫』なのか 第四章 免疫抗体食品『免疫ミルク』
第五章 『免疫ミルク』の効果と実体験 Q&A 野本教授:『健康の基礎を育てる免疫抗体食品』
総監修:九州大学名誉教授      
野本 亀久雄医学博士 
配布手数料:1冊 300円(送料・税込)

ご希望の方は「お問合わせ」のメールフォームよりお申込みください。


免疫抗体食品研究協会 I-FA
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-11 青山SIビル
TEL 03-3498-2833 FAX 03-3498-2833 E-mail:info@i-fa.jp
Copyright © 2009-2018 *免疫抗体食品研究協会 I-FA All Rights Reserved. Powered by POOSNET